FC2ブログ

うさぎローズ

めりーの毎日、大好きなものたち。

リトープス・C181多点神笛玉

0
C181 多点神笛玉(神笛玉系)大きいのと、小さいのと。混在している。分頭したときに、大きさが違う玉になることが時々ある。まるまると太って、脱皮の準備もバッチリだ。...

リトープス・C36Aアルビニカ

0
C36A アルビニカ(紫勲玉系)素晴らしく鮮やかな色あい。だけど、ちっとも分頭しないなー。これ以上大きくなる気配もないのになあ。2013年お迎えのコ。...

リトープス・ホットリップス

0
ホットリップス(寿麗玉系)どれだけ親玉が退色したかがよくわかる。綺麗な色あいになると嬉しい〜。...

ロフォフォラ・銀冠玉2ばん

0
銀冠玉2ばん(ロフォフォラ)ふわふわで、本体がよく見えなくなっちゃう。私は銀冠も翠冠も好き。どちらも、ふわふわオケケがたまらん。...

ミニバラたち

0
今春にお迎えしたミニバラで、挿し木のコたち。↑ゴールデンカスケードこういう色あい、ダイスキ。↑ローズマリン↑ギャラクシー赤ばらやっぱりカッコいい!↑テディ「テディ」と名前で送ってきたんだけど、「テディベア」ではないのだろうか。みんなミニバラだけど、花びらの形が違っていたり、お花のフォルムも違うし。葉っぱも違う。たのしい。挿し木の苗が、どこまで大きくなるかなー。...

リトープス・緑繭型玉

0
緑繭型玉(繭型玉系)大きくVの字になるタイプのコ。今年の植え替えは、ひとり暮らしにしようかなあ。同居するリトが、ちょっと狭そうだ。...

リトープス・C358紫勲

0
C358 紫勲(紫勲玉系)親玉の厚みのあるコは、断面が必見です。ええと、毎回言ってるんだけど、断面がキレイって言ってるの、私だけかなあ。...

リトープス・スペルゲビート

0
スペルゲビート(雲映玉)のんびり脱皮中。新玉は、模様がまだ薄いみたいだ。脱いでから、だんだん線が濃くなっていくのかな。...

オフタルモフィルム・マウガニー

0
マウガニー(オフタルモフィルム)マウガニーは何種類か持っているんだけど、どれもほんとによく似ていて、ぱっと見で区別がつかないので、全部マウガニー。これは確かアルメニアナム。紅葉したら真っ赤になるコなので、その時期になれば判るんだよね。...

ポリアンサローズ

0
ミニバラの延長で、ポリアンサローズを初めてお迎えしてみた。↑オレンジマザーズディこの花色、ものすごく好き。↑マルゴズシスターこれもいい。まだお花が若い感じがするねえ。↑レッドマザーズディやっぱり赤ばらって、すばらしい魅力があるんだわー。すごく小さいお花が咲いているんだけど、すごくいい根っこのいい苗が到着して、もっと欲しくなってしまった。植物にハマる人の悪い習性(笑)でも、今年は小さいのをいいことに結構...

リトープス・C1Aベンターグリーン

0
C1A ベンターグリーン(紫勲玉系)こちらは小さめな紫勲。素晴らしく、輝く色あい。でも親玉は薄いので、断面は残念な感じ。...

リトープス・C5Aアルビフローラ

0
C5A アルビフローラ(紫勲玉系)地味ーーーな紫勲、脱皮時期でさらに透明度アップ。厚みのある親玉の断面は、層になっていてとってもキレイだ。...

リトープス・C225花紋玉

0
C225 花紋玉(花紋玉系)顔色が悪く写ってしまったけど、金平糖みたいな、そんなイメージのリトっちだ。...

パキベリア・オパリナ

0
オパリナ(パキベリア)親株は死んじゃって、葉から出た子たち。葉挿しのコは多頭化しやすいって言うけど、ほんとだと思う。ぎゅうぎゅうしてて、いいんだけどね。...

ERゴールデン・セレブレーション

0
ERゴールデン・セレブレーションすごく大きなお花が咲く。ERは大輪が多いんだけど、どれもお花が重くて下を向いてしまうのよね。咲きすすんで、優しい色あい。この感じが好き。↑これはERピーチブロッサム当初はすごく沢山咲いたコだったんだけど、株が弱って、すっかりお花が減ってしまった。...

リトープス・キスキーグラナット

0
キスキーグラナット(大津絵系)キレイな色あいの大津絵。小さいのに、分頭したー。でも、この大津絵はちょっと背が高くなりそうな気がする。いいフォルムになってくれるといいな。...

リトープス・C6ミノール

0
C6 ミノール(紫勲玉系)ちっとも大きくならないコ。分頭もしないし。どうやって増えるつもりなんだろう。あ、そのためにお花が咲くのか。残念、私は実生が下手くそなので、その方法では増やすことができないなあ。...

リトープス・C350緑大津絵

0
C350 緑大津絵(大津絵系)背が高くならないコだ。そういう品種なのか、同じ大津絵でも、V字になるコもいる。個体差とは思えないんだよね。窓がとてもキレイだ。...

コノフィツム・パウシリネアツム

0
ミムスクルム・パウシリネアツム(コノフィツム)手前のコ。模様がはっきりしてきるのは、休眠前の紅葉かなー。小さいコノっちなので、どんどん増えて欲しいな。...

ER・ピルグリム

0
ER・ピルグリム咲きすすむと、淡く花びらが重なってボリュームたっぷりになる。私はERしか育てたことがないので、この、咲き進むと変化するという性質は、ばら特有なのか。ERならではなのか。品種によって香りが違うのも、ERの魅力だと思う。とても素晴らしい香りがする。けどねー、ERってでかくなるんだよねー。もう体力的に無理だし、鉢栽培では可哀相になってしまった。よく頑張って毎年お花を咲かせてくれたと思う。このピルグ...